コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝手連 カッテレン

デジタル大辞泉の解説

かって‐れん【勝手連】

勝手に集まって、ある人物や運動を応援する人たちの集団。特に選挙候補者を支持する団体のこと。
[補説]昭和58年(1983)の北海道知事選で革新系候補横路孝弘を応援する若者たちが「勝手に連帯する若者連合」と名乗って支持活動をしたことから。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かってれん【勝手連】

選挙などで、候補者の意向から作るのではなく、支持者が勝手に集まって作られる非公式な支持団体。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

勝手連の関連キーワード田村 正敏田村正敏非公式意向

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勝手連の関連情報