団体(読み)だんたい

精選版 日本国語大辞典「団体」の解説

だん‐たい【団体】

〘名〙
① 多くの者が集まって一つの仲間となったもの。くみ。むれ。
※春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉壱円紙幣の履歴ばなし「愛国心といふは蓋し愛郷心の団体(ダンタイ)の外ならずと説きかけられし時」
※プラトニック・ラヴ(1926)〈志賀直哉〉「大社詣の客が二タ組三組と団体で来る」
② 共通の目的を持った者が、意識的に結合した集団。法人・政党など。
※著作権法(明治三二年)(1899)六条「官公衙学校社寺協会会社其の他団体に於て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「団体」の解説

だん‐たい【団体】

ある目的のために、人々が集まって一つのまとまりとなったもの。「団体で見学する」「団体旅行」「団体割引」
二人以上の者が共同の目的を達成するために結合した集団。法人政党など。「政治団体」「宗教団体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android