コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝田 龍夫 ショウダ タツオ

20世紀日本人名事典の解説

勝田 龍夫
ショウダ タツオ

昭和期の銀行家 日本債券信用銀行名誉会長。



生年
明治45(1912)年2月22日

没年
平成3(1991)年5月28日

出生地
東京府豊多摩郡渋谷町中渋谷大和田(現・東京都渋谷区道玄坂)

学歴〔年〕
京都帝国大学法学部〔昭和12年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等瑞宝章〔昭和63年〕

経歴
昭和12年朝鮮銀行に入るが、20年終戦で閉鎖。32年日本不動産銀行設立で総務部長となり、33年取締役、37年常務、40年副頭取、44年頭取、49年会長を歴任。52年日本債券信用銀行と改称。また原田熊雄の日記をもとにしたノンフィクション「重臣たちの昭和史」がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

勝田 龍夫の関連キーワード勝田 主計西原借款勝田主計銀行家

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android