コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本債券信用銀行 にっぽんさいけんしんようぎんこう

4件 の用語解説(日本債券信用銀行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本債券信用銀行
にっぽんさいけんしんようぎんこう

あおぞら銀行の前身の長期信用銀行。 1957年,旧朝鮮銀行残余財産 18億円を資本金および資本準備金として長期信用銀行法 (昭和 27年法律 187号) に基づいて日本不動産銀行として設立,77年日本債券信用銀行に行名変更。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にっぽん‐さいけんしんようぎんこう〔‐サイケンシンヨウギンカウ〕【日本債券信用銀行】

長期信用銀行の一。金融債を発行して資金を調達し、企業に設備資金・長期運転資金などの長期資金を貸し付けることを主な業務とした。昭和32年(1957)旧朝鮮銀行残余財産をもとに日本不動産銀行として設立。同52年日本債券信用銀行に変更。一時国有化を経て現在はあおぞら銀行日債銀

にほん‐さいけんしんようぎんこう〔‐サイケンシンヨウギンカウ〕【日本債券信用銀行】

にっぽんさいけんしんようぎんこう

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本債券信用銀行
にっぽんさいけんしんようぎんこう

長期信用銀行法に基づいて認可、運営された銀行。現あおぞら銀行。日債銀と略称していた。初め日本不動産銀行として設立されたが、1977年(昭和52)行名を日本債券信用銀行に変更した。日本不動産銀行は、1957年、旧朝鮮銀行の残余財産をもとに長期信用銀行法に基づいて設立された。他の長期信用銀行に比較して、不動産金融中小企業金融の比率が高いところから、この銀行名となった。事実、設立当初は不動産金融に力を入れ、不動産担保の評価や住宅金融への積極性に特色を置いていたが、その後は設備投資金融や海外投資金融などの面で、他の長期信用銀行との間にあまり相違がなくなってきた。そこで行名も変更されることとなった。1990年代に入り、バブル経済が崩壊すると、大量の不良債権が発生し、経営基盤が弱体化し債務超過に陥った。1998年(平成10)12月13日、日本長期信用銀行(現、新生銀行)に続いて国の2番目の特別公的管理銀行となり、一時的に国有化された。2000年9月4日、ソフトバンクを中核とするコンソーシアム企業連合)に譲渡され、民間銀行に復帰、2001年1月4日「あおぞら銀行」と行名を変更した。[原 司郎]
『日本債券信用銀行史編纂室編纂『日本債券信用銀行三十年史』(1993・日本債券信用銀行)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本債券信用銀行の関連キーワード金融債長期信用銀行日本興業銀行日本長期信用銀行長期金融市場不動産銀行日本興業銀行[株]日本債券信用銀行[株]日本長期信用銀行[株]長期信用銀行法

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本債券信用銀行の関連情報