コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勤め子 ツトメコ

デジタル大辞泉の解説

つとめ‐こ【勤め子】

《「つとめご」とも》親方持ちで、色を売る歌舞伎若衆。独立して営業する歌舞伎子(かぶきこ)に対していう。
「一度に肌着も十の数をこしらゆる事、今の世の―のせぬ事なり」〈浮・男色大鑑・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つとめこ【勤め子】

(自前の歌舞伎若衆に対し)親方持ちの歌舞伎若衆。 「 -なれども、同じ役者に念友ありて/浮世草子・禁短気」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

勤め子の関連キーワード浮世草子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勤め子の関連情報