コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包み井 ツツミイ

2件 の用語解説(包み井の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つつみ‐い〔‐ゐ〕【包み井】

まわりを板や石などでかこった泉や井戸。
「鈴が音の駅家(はゆまうまや)の―の水を飲(たま)へな妹(いも)が直手(ただて)よ」〈・三四三九〉
正月に宮中で若水をくむために、前年の年末から蓋(ふた)をして封じておく井戸。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つつみい【包み井】

周りを石などで囲って水をたたえた井戸。 「鈴が音の駅家はゆまうまやの-の水を飲たまへな妹が直手よ/万葉集 3439
宮中で正月の若水に用いるために、前年の冬から蓋ふたをして封じておく井戸。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone