コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若水 わかみず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若水
わかみず

元旦に初めて汲む水。一年の邪気を払うといい,歳神に供えたのち家中の者が茶をたてて飲む風習がある。古くは立春の朝に汲む水をいい,宮中では主水司 (もいとりのつかさ) が天皇に献じたが,これは当時は立春正月であったゆえである。若水を汲みに行くことを若水迎えといい,普通は年男の役割であるが,女の役割とするところも西日本にはみられる。若水迎えには餅や米をたずさえ,これを水神に供え,縁起のよい唱え言をしてから汲むのが普通である。若水迎えに行くときは人に会っても口をきかないならわしがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

わか‐みず〔‐みづ〕【若水】

元旦に初めてくむ水。1年の邪気を除くとされ、この水で年神への供え物や家族の食べ物を調える。 新年》「―のよしなき人に汲まれけり/一茶
昔、宮中で、立春の日に主水司(しゅすいし)から天皇に奉った水。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

若水【わかみず】

元日の朝早くくむ水。この水で年神の供え物や家族の食べ物をたき,口をすすぎ,お茶などをたてる。これをくみにいくのが若水迎えで,東日本では年男の役目だが,西日本では女がするところも少なくない。
→関連項目元日

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

若水

酒造好適米の品種のひとつ。愛知51号。愛知県農業総合試験場作物研究所で1972年に育成、1985年に品種登録された。あ系酒101と五百万石の交配種

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わかみず【若水】

元日の朝,最初にくむ水。神聖視して,初穂水(はつほみず),福水(ふくみず),宝水(たからみず),黄金水(こがねみず)とも呼ぶ。元日の行事の使い水で,口をすすいで身を清めたり,神への供物や家族の食物の煮たきに用いたりする。若水汲みは〈若水迎え〉ともいわれ,儀礼的な色彩が濃く,若水手拭で鉢巻したり,井戸に餅や洗米を供え,祝いの唱え言をしてくむ土地が多かった。鹿児島県奄美群島には,若水といっしょに小石を3個取ってきて,火の神に供えた村もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

わかみず【若水】

元旦に汲み、年神への供え物や家族の食事を調えるのに用いる水。これを飲むと一年の邪気を払うとされ、福茶をたてて家族一同で飲んだりもする。初若水。 [季] 新年。 《 -や人の声する垣の闇 /室生犀星 》 〔古くは、宮中で立春の早朝に、主水司しゆすいしが天皇に奉った水のこと〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若水
わかみず

元日早朝に初めてくむ水。初水ともいう。平安時代、宮中では、あらかじめ封じておいた生気(せいき)のある井戸から、主水司(もいとりのつかさ)が立春早朝に若水をくみ、女房の手によって天皇の朝餉(あさげ)に奉った。その後、朝儀が廃れ、元旦(がんたん)早朝にくむ風が定着した。現行民間の若水は、年神祭の祭主である年男が未明に起き、「若水迎え」などと称して新調した柄杓(ひしゃく)と手桶(ておけ)を持って井戸や泉・川に行ってくんでくるもの。年神に供えたり、口をすすいだり、沸かして福茶などといって家族一同で飲んだり、雑煮(ぞうに)の支度に用いたりする。西日本にはくむのを主婦の役目にしている所があるが、何か隠された理由があると思われる。くむ作法としては、「福くむ、徳くむ、幸いくむ」「こがねの水くみます」などのめでたい唱え言をしたり、餅(もち)や洗い米を供えるなどが一般的であるが、秋田県などのように、丸餅を半分だけ井戸に入れ残りを若水に入れて持ち帰ったり、九州南部のように、歯固(はがた)めの餅を若水桶に落として表裏の返り方で年占いをするなど、所によって特色ある作法が守られている。愛知県北設楽(きたしたら)郡の一部には、このとき井戸から小石を二つ拾ってきて、一年中水甕(みずがめ)の底や茶釜(ちゃがま)に入れておく所があった。これら若水には、年中の邪気を払い幸いを招く力が認められていたが、同時に、古代の変若水(おちみず)の信仰のように人を若返らせる力も期待されているのであろう。近年、水道の普及に伴い、若水をくむ風は各地で絶えようとしている。[田中宣一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の若水の言及

【泉】より

…奄美地方では,集落から遠く離れた暗河(くらごう)と呼ぶ鍾乳洞内の地下水を,厳しい規則を設けて利用した。水場は神の支配地であり,水神や井の神などと呼んでこれを祭り,新年の若水も古くからの水場から迎えるところが多い。各地に伝わる,弘法大師などの宗教者が水が不足する土地の者のためにその杖を地に突き刺して水を出してやったといういわゆる弘法清水伝説も,いかに人びとが水に苦しんでいたかを語っている。…

【沖縄[県]】より

…沖縄では年末に豚をころし,正月は餅をつかずに豚で祝った。沖縄島では元旦に若水をくみ,神棚,仏壇,かまどに若水をあげ,家族はその水で〈お水撫で〉をする。若水はスディミズともいわれ,生命を新しくする水という意味がある。…

※「若水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

若水の関連キーワード丹羽正伯(にわしょうはく)浮気は汽車に乗って大服茶・大福茶かにもかくにも堀内不仙斎瀬尾用拙斎白笹つづみ本朝三字経酒造好適米二匹の牝犬緋牡丹博徒松岡玄達稲生若水さがの華服部嵐雪松岡恕庵福山徳潤さけ武蔵丹羽正伯庶物類纂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

若水の関連情報