コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包み銀 ツツミギン

デジタル大辞泉の解説

つつみ‐ぎん【包み銀】

江戸時代、銀座または両替商などで紙で包み、封印した銀貨。金額が表記されており、一般にそのままの状態で授受された。常是(じょうぜ)包み・銀座包み・仲間包みなどがある。金の場合は包み金(きん)という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つつみぎん【包み銀】

江戸時代、銀座で紙包みにし、封印した銀貨。包み銀はそのままの状態でも通用した。公認の両替屋や豪商が封印した包み銀も同様に扱われた。金の場合は包み金という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

包み銀の関連キーワード掛屋