化学処理鋼板(読み)かがくしょりこうはん(英語表記)chemically treated steel plate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学処理鋼板
かがくしょりこうはん
chemically treated steel plate

化学化成処理鋼板,または単に化成処理鋼板とも呼ばれる。鋼板の表面特性を改善するために,表面に化学薬溶液で塩化膜や無機塩被膜をつくり,防錆性を高めたり塗装下地処置などをしたものをいう。特にリン酸塩処理,クロム酸処理や亜鉛メッキ鋼板やアルミニウム合金に対して行う処理が発達している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android