コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化粧垂木 ケショウダルキ

大辞林 第三版の解説

けしょうだるき【化粧垂木】

軒や化粧屋根裏など見える所に用いる、美しく仕上げられた垂木。 ↔ 野垂木のだるき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の化粧垂木の言及

【社寺建築構造】より

… 飛鳥・奈良時代の屋根は,垂木上に割木などを編んで並べるか裏板を打ち,そのすぐ上に葺土(ふきつち)を置き瓦を葺いていたが,屋根面の中央で葺土が多くなるため,平安時代から裏板の上に横材を置き,束を立て,もう一度母屋桁と垂木を並べて屋根面を構成するようになった。建築の部材のうち,外から見えるものを化粧というが,こうして下から見える化粧垂木の上にさらに見えない小屋組みがつくられた。それを野小屋(のごや),その垂木を野垂木と呼ぶ。…

※「化粧垂木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

化粧垂木の関連キーワード化粧屋根裏化粧裏板枝外垂木野垂木桟竹