コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北京図書館 ペキンとしょかんBěi jīng tú shū guǎn

世界大百科事典 第2版の解説

ペキンとしょかん【北京図書館 Běi jīng tú shū guǎn】

中国,北京にある図書館。前身は京師図書館(正しくは学部図書館)で,1909年(宣統1)に張之洞奏請を受けて作られ,繆荃孫(びゆうせんそん)が監督となった。12年に江瀚が館長に就任し一般公開を行ったので,この年を現在では創立年としている。28年に国立北平図書館と改称,翌年北平北海図書館と合併,31年北海西岸の現在の地に移った。解放後北京図書館となり,82年より中国国家図書館を正式館名とする。《国立北平図書館善本書目》《北京図書館善本書目》がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

北京図書館の関連キーワード国立図書館梁啓超

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android