コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張之洞 ちょうしどう Zhang Zhi-dong; Chang Chih-tung

6件 の用語解説(張之洞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

張之洞
ちょうしどう
Zhang Zhi-dong; Chang Chih-tung

[生]道光17(1837).9.2.
[没]宣統1(1909).10.4.
中国,清末の政治家。直隷 (河北省) 南皮の人。号は香濤。同治2 (1863) 年の進士。対外強硬論を主張する「清流党」の一員と目されていたが,光緒7 (81) 年山西巡撫に抜擢され,次いで両広総督 (84~89) ,湖広総督 (89~1907) を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐しどう〔チヤウ‐〕【張之洞】

[1837~1909]中国、末の政治家。南皮(河北省)の人。字(あざな)は孝達。湖広総督・軍機大臣などを歴任。軍備の近代化、京漢(けいかん)鉄道の敷設など、洋務運動を推進した。著「勧学篇」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

張之洞【ちょうしどう】

中国,清末光緒時代の官僚。直隷省の人。1863年の進士。初め対外強硬論者。イリ問題(イリ条約),清仏戦争に強硬策を主張して有名となる。湖広総督在任中は富強開発に功をあげた。
→関連項目黒旗軍大冶鄭孝胥黎元洪

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうしどう【張之洞 Zhāng Zhī dòng】

1837‐1909
中国,清末の大官僚。字は考達,諡(おくりな)は文襄。直隷(河北)省南皮の人。名家に生まれ,15歳で郷試に首席合格,26歳のとき3番の成績で進士に及第。以後,官界のエリートコースを歩んだ。1880年(光緒6),ロシアとの屈辱的条約に反対して強硬な外交路線を主張,84年,清仏戦争に備えるため広東・広西を治める両広総督に任命されて以来前後18年間,湖広(湖北・湖南),両江(江蘇・安徽・江西)などの総督をつとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちょうしどう【張之洞】

1837~1909) 中国、清末の政治家・思想家。対露・対仏・対日強硬外交を主張する一方、洋務運動を推進し、軍備拡張・近代工場の設立につとめた。また古典の保存、儒教護持にも努めた。著「勧学篇」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

張之洞
ちょうしどう
(1837―1909)

中国、清(しん)末の大官僚で、洋務運動推進者の1人。字(あざな)は孝達。号は無競居士、壺公抱冰(ここうほうひょう)。直隷(ちょくれい)(河北)省南皮出身。幼少時から勉強熱心で、秀才の誉れが高く、出世も早かった。翰林院(かんりんいん)侍読学士、内閣学士から山西巡撫(じゅんぶ)、両広総督、湖広総督、両江総督などを歴任、その間、李鴻章(りこうしょう)、左宗棠(さそうとう)などと並んで、洋務運動を積極的に推進し、軍備強化と官営工場の設立、教育改革、留学生派遣による人材育成、実学振興に努め、洋務運動の後期の代表者の1人となった。彼は1898年に『勧学篇(へん)』を書いて「中体西用」論を主張し、既存の王朝体制を前提として、その下で可能な限り「富国強兵」を行い、清朝の起死回生を図った。これは洋務運動を代表する理論とみなされているが、この著作の書かれた時期をみてもわかるように、変法運動の興隆に対して、洋務運動を擁護しようとする意図をも含んでいた。[伊東昭雄]
『西順蔵編『原典中国近代思想史2』(1977・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の張之洞の言及

【漢口】より

…清代にはさらに発展をとげ,長江中流の重要都市となったが,1858年(咸豊8),天津条約により開港してからは上海につぐ第二の貿易港となり,茶,綿,麻などが輸出された。さらに湖広総督張之洞が工業都市化に努力したので近代都市としての発展はめざましく,民国以後は夏口県に昇格し,ついで特別市となった。開港にともない帝国主義列強の租界がつくられ,租界をめぐる紛争も多かったが,解放後は武漢鉄鋼コンビナートの一郭として重要性はさらに大きくなっている。…

【漢冶萍煤鉄公司】より

…湖北省の漢陽鉄廠,大冶(だいや)鉄山,江西省の萍郷(ひようきよう)炭鉱の3事業を統合するもの。1890年湖広総督張之洞は京漢鉄道への鋼材供給などの目的で,漢陽鉄廠を官営企業として発足させた。ついで,鉄鉱石,燃料・コークス炭の供給のため大冶鉄山(1896),萍郷炭鉱(1899)が開発された。…

【四川[省]】より

…西南地区のみならず,西部高原を通して,チベット地方までその後背地とし,交易を行った。陸路は発達していなかったため,経済発展にともない張之洞などが成都~重慶~漢口を結ぶ川漢鉄道,重慶~広東~欽州を結ぶ欽渝鉄道などを計画したが,これらはいずれも達成されなかった。この間,四川各地で,生糸,皮革,塩,砂糖をはじめ,蜀錦,白蠟や五倍子などの特産やアヘンなどの生産が高まっている。…

【中体西用論】より

…しかし,欧米列強の相次ぐ侵略と中国の敗北,ことに日清戦争の敗北によって,西学の内容を,より拡大して政治制度をも含めようとする鄭観応らの思想が現れ,やがて,根本である〈中学〉そのもの,すなわち伝統的政治制度を改革しようとする変法論が台頭し,康有為らによる明確な君主立憲制の要求となる。張之洞の《勧学篇》(1898)にみえる〈旧学を体とし,新学を用とする〉の主張は,当時の急進的な思想傾向に歯止めをかけようとするものだったが,時勢はすでに中体西用論の段階を超えていた。しかし,その後,中体西用論的発想はまったく消えたのではなく,1935年の陶希聖ら10教授による〈中国本位文化建設宣言〉,70年代から今日にいたる〈四つの現代化〉論も,その根底に中体西用論がひそんでいると考えられる。…

【洋務運動】より

…すなわち上海で販売する場合には無税,内地へ移出する場合には正税(5%)のみを納めればよいという特権が与えられた。94年(光緒20)には盛宣懐が上海華盛機器紡織総廠,張之洞が湖北紡紗局をそれぞれ設立し,紡績部門への拡大が試みられた。交通,運輸に関しては,1873年に輪船招商局が作られ,沿海,内河で英米の汽船会社との対抗が企図された。…

※「張之洞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

張之洞の関連キーワード海上花列伝欽差大臣呉汝綸徐光啓李宝嘉諡・贈り名・謚大官贈名贈諡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

張之洞の関連情報