コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千島海盆 ちしまかいぼん

2件 の用語解説(千島海盆の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕千島海盆(ちしまかいぼん)


オホーツク海南部、千島列島クリル列島)の北西側に広がる海盆。知床(しれとこ)岬沖・サハリン(樺太(からふと))南東岸沖・北千島のパラムシル島(幌莚(ほろむしろ)島)西岸沖を結ぶ長三角形をなす。最深部は水深3372m。陸地から運ばれた堆積物(たいせきぶつ)が積もり、水深3000mを超える平坦(へいたん)な海底が広がる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千島海盆
ちしまかいぼん

千島列島の北側でオホーツク海最南部にある海盆。四方は20度近い急斜面で囲まれ、最深点は3374メートルとされているが、周りの陸地から流入する陸性堆積(たいせき)物が5000メートル近くの厚さに積もっていて、平坦(へいたん)になっている。地殻構造は標準的な海洋性構造にきわめて近く、海底地殻熱流量の値は高い。[安井 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の千島海盆の言及

【オホーツク海】より

…面積160万3000km2。南部には最大水深3521mの千島海盆があり,これより1000m以深の海域が中央部を北に広がる。一方,北部とサハリン東側は広い大陸棚となり,総面積の約半分を占める。…

※「千島海盆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

千島海盆の関連キーワードオホーツク海オホーツク海高気圧クリル列島千島列島花綵列島クリール列島クリル[列島]東カムチャッカ海流親潮水沿岸親潮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone