コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四方 シホウ

デジタル大辞泉の解説

し‐ほう〔‐ハウ〕【四方】

四つの方角。東西南北の方角。
周囲。「四方から救いの手がさしのべられた」「五里四方
諸地方。諸国。天下。「四方を治める」
正方形の各辺。「一センチ四方
四角。かくがた。
四すみにくり形の穴のある、物をのせる台。
近世、正方形の指物(さしもの)

よ‐ほう〔‐ハウ〕【四方】

四つの方角。しほう。〈日葡
四すみに角のある形。四角。
「大きなる石の―なる中に」〈更級
周囲。しほう。〈ロドリゲス日本大文典
枡(ます)をいう女房詞

よ‐も【四方】

東西南北、また、前後左右の四つの方向。しほう。「四方を見回す」「四方の山々」
あちらこちら。また、いたる所。
「美しきすみれの花束、きらきらと光りて、―に散りぼうを」〈鴎外・うたかたの記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しほう【四方】

東西南北の四つの方角。
周囲。 「 -を山で囲まれる」
いろいろな方角。 「 -へ逃げ散る」
四角。 「 -形」
物をのせる台。折敷おしきに、四方にくり穴をあけた四角の台をつけたもの。 → 三方さんぼう
天下。諸国。 「 -に号令する」

よほう【四方】

四角。しほう。 「大きなる石の-なる中に/更級」
周囲。しほう。 「イッチョウ-/ロドリゲス」

よも【四方】

東西南北。前後左右。しほう。 「 -を見わたす」
あちらこちら。諸方。 「 -の山々」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

しほう【四方】

衝重(ついがさ)ねの一種。檜(ひのき)製の白木の折敷(おしき)の下に台を取り付け、その台の四面刳形(くりかた)(穴)をあけたもの。神仏に捧げる供物や食器をのせるのに用いる。◇台の三面に刳形をあけたものを「三方(さんぼう)」、刳形のないものを「供饗(くぎょう)」という。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の四方の言及

【三方】より

…衝重は方形角切(すみきり)の筒形台脚を備えた折敷(おしき)の総称で,《貞丈雑記》によれば,上部の折敷形に台部を衝き重ねるところから衝重の名があるという。その台部の3方に眼象(げんしよう)(格狭間(こうざま))と称する繰形を透かしたものがすなわち三方であり,4方に透かしたものが四方(しほう)である。また眼象のないものは供饗(くぎよう)という。…

【七宝文】より

…有職(ゆうそく)文の一種で,輪違(わちがい)文ともいう。上下左右に連続するさまから〈四方〉〈十方〉と呼ばれたのが,のちに仏教の十珍七宝(じつちんしつぽう)と結びつき〈七宝〉となった。この形の文様は古くから見られ,紀元前3000年ころのシュメールで黄金製指輪の装飾にも用いられている。…

【膳】より

… 膳は,現在一般に会席膳と呼ばれる方1尺2寸(約36cm)の折敷を除いては,ほとんどが足をつけるか,台に載せた形態のものである。板を折り回した足を折敷の下につけたものを衝重(ついがさね)といい,足の前面と左右両側の3面に繰形(くりかた)をつけたものを三方(さんぼう),4面につけたものを四方と呼んだ。これに対して,大きく格狭間(こうざま)を透かせた台に折敷を載せたものを懸盤(かけばん)といい,藤原氏の氏長者(うじのちようじや)がその地位の標識として朱器とともに伝領した台盤も,この形式のものであった。…

※「四方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四方の関連キーワード蜘蛛の子を散らす言仲那言匕盛掘り回らす呉竹園葉並狂歌堂嶋人四陲・四垂春日朝早四方の海四方八方東西南北四衢八街四至牓示押え込み桃亭柿人前後左右四方正面四艘張網四方真顔文亭梅彦四方取り

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四方の関連情報