コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉直胤 ちば なおたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉直胤 ちば-なおたね

?-? 江戸時代中期-後期の国学者。
江戸の人。塙保己一(はなわ-ほきいち)にまなび,師の著述をたすけた。天保12年(1841)「宇久比須(うぐいす)考」を刊行。通称は重兵衛。号は文斎,存古堂。著作はほかに「海獣考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

千葉直胤の関連キーワード国学者

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android