著述(読み)ちょじゅつ

精選版 日本国語大辞典「著述」の解説

ちょ‐じゅつ【著述】

〘名〙 書きあらわしてのべること。書物を書きあらわすこと。また、その書物。著作
※江談抄(1111頃)五「東宮切韵者菅家主刑部尚書集十三家切韵、為一家之作者述之日、聖廟執筆、令滞綴
※俳諧・類船集(1676)太「性霊集は弘法大師の著述(チョジュツ)となり」 〔書‐賈誼伝賛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「著述」の解説

【著述】ちよじゆつ

書を著わす。漢・班固〔賓の戯れに答ふ〕永中、と爲りて祕書を典す。專ら志を儒學に篤うし、を以てと爲す。或ひと、るに無きを以てす。~故に聊(いささ)か復た應(こた)ふ。

字通「著」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android