コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半火山型中心噴火 はんかざんがたちゅうしんふんかsemivolcanic type of central eruption

岩石学辞典の解説

半火山型中心噴火

磐梯山のような激烈な爆発噴火の形式である.この噴火では放出された物質は新しいマグマではなくて古い固化した生成物である[Dana : 1891].この語は後に超火山型(ultravolcanic)と変更された.超火山型中心噴火(ultravolcanic type of central eruption)[Mercalli : 1907].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android