南好雄(読み)みなみ よしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南好雄 みなみ-よしお

1904-1980 昭和時代後期の政治家。
明治37年1月29日生まれ。商工省にはいり,大臣官房会計課長,東京地方物価事務局長などをへて,昭和24年衆議院議員(当選7回,自民党)。第1次池田内閣の運輸相をつとめた。昭和55年9月4日死去。76歳。石川県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android