コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単位円 タンイエン

デジタル大辞泉の解説

たんい‐えん〔タンヰヱン〕【単位円】

半径が1の円。ふつう座標原点中心とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たんいえん【単位円】

半径 1 の円。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の単位円の言及

【円】より

…この円周上の点(c,d)における接線の方程式は(xc)(ac)+(yd)(bd)=0である。原点を中心とする半径1の円周を単位円という。これは,複素平面上では絶対値1の複素数eiθ=cosθ+isinθ(iは虚数単位)の全体として表され,複素数の積により位相群となる。…

※「単位円」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

単位円の関連キーワードリー‐ヤン(李‐楊)の円定理円周等分多項式双曲幾何学ガウス平面円(曲線)トポロジー円分方程式制御理論三角関数一円弧度ワイ半径Y

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単位円の関連情報