コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単元株 たんげんかぶ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

単元株

単元株式制度によって売買される株式のこと。単元株式制度とは、各企業が任意の数の株式を1単元と定められる制度。会社は1単元ごとに議決権で1議席を株主に提供する。例えば、会社が1単元を200株と定めた場合、投資家が500株購入すると2議席を得ることになる。従来、1単位を5万円とする単位株式制度に基づいて株式は売買されていたが、2001年の商法改正により廃止され、企業は単元株式を導入する選択もできるようになった。単元株式制度では、会社が1単元の株式数を少なく設定するほど、売買の単位を引き下げられる柔軟性がある。そのため、個人投資家の株式市場への参加を促進すると期待されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

単元株の関連キーワード株式累積投資制度複数議決権株式株式ミニ投資投資所要額単位株制度単元未満株無額面株式単元株制度ポケット株経営参加権単位未満株株式併合株式会社買取請求登録株ミニ株額面株端株額面

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単元株の関連情報