単性(読み)タンセイ

大辞林 第三版の解説

たんせい【単性】

両性に対し、一つの同じ性質。
ある種の動物で、一方の性のみの子孫を生ずる現象。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たん‐せい【単性】

〘名〙
① 生物が雌雄のいずれか一方だけの生殖器官をもつこと。
② 生物が、雌雄のうち一方の性だけの子孫を生ずる現象または性質。ミツバチが単為生殖によって雄だけを産む現象など。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単性の関連情報