コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博打の木 バクチノキ

デジタル大辞泉の解説

ばくち‐の‐き【博打の木】

バラ科の常緑高木。関東以西の暖地に自生。樹皮灰褐色で、うろこ状にはげ、あとが紅黄色になる。葉は大形の楕円形。9月ごろ、白い小花が群生して咲き、翌年初夏に楕円形の黒紫色の実が熟す。葉からとれる液をばくち水とよび、鎮咳(ちんがい)に用いる。名は、樹皮がはげて丸裸になることを、博打に負けて裸になるのにたとえたもの。毘蘭樹(びらんじゅ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばくちのき【博打の木】

バラ科の常緑高木。暖地に生える。樹皮は灰褐色で鱗片状にはげ落ち、あとが赤黄色となる。和名はこれを博打に負けて裸になるのにたとえたものという。葉は長楕円形でかたく、葉柄の上部に一対の腺がある。秋、葉腋に白色の小五弁花を穂状につける。葉を薬用、樹皮を染料とする。ビランジュ。ビラン。ハダカギ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

博打の木の関連キーワードビランジュ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android