卯腹辰股寅背中(読み)うはらたつももとらせなか

  • うはらたつもも
  • 卯腹辰股
  • 寅背中(とらせなか)

精選版 日本国語大辞典の解説

灸をすえるのを忌む日と、からだの部位との関係を示したことわざ。卯の日は腹に、辰の日は股に、寅の日は背中に、未の日は頭に、申の日は尻に灸をすえるのを避けること。うはらたつもも。卯腹辰股寅背中未(ひつじ)の頭(かしら)に申(さる)の尻。
※歌謡・松の落葉(1710)二「卯腹辰腿寅脊中(ウハラタツモモトラセナカ)といひて笑み顔(がほ)の」
[補注]「拾芥抄‐養生部第三九」に時、日、年によって身体の各部分を移動する人の神があり、その場所に鍼(はり)や灸(きゅう)をすえることを忌むという説があるが、この種の陰陽道(おんみょうどう)の禁忌が「鍼灸聚英」などの鍼灸書に取り入れられて、江戸時代に流布した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android