卵形嚢(読み)らんけいのう(英語表記)utriculus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卵形嚢
らんけいのう
utriculus

球形嚢とともに内耳迷路の中央に位置し,互いに連嚢管で連絡している。卵形嚢は径5~6mmで,その内面に卵形嚢斑があり,球形嚢は径2~3mmで,その前外側壁に球形嚢斑がある。これらの斑は内面に感覚上皮があるため厚くなっており,合せて平衡斑と呼ばれ,位置の感覚を司る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android