コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原価基準 げんかきじゅん

会計用語キーワード辞典の解説

原価基準

資産の評価を取得原価で評価することを原価基準といいます。主に棚卸資産を始めとした、費用性資産の評価に用いられます。ただし償却資産については正規の減価償却による減価償却累計額を取得原価から控除した金額を計上します。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について | 情報

世界大百科事典内の原価基準の言及

【原価主義】より

…企業の有するすべての資産を,その資産の取得や製造のために実際に支出した金額,すなわち取得原価を基礎にして評価すべきであるとする考え方。原価基準ということもある。近代会計理論の通説であり,現行日本の制度会計もこの考え方を基礎にしている。…

※「原価基準」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

原価基準の関連キーワード資本の評価基準取得原価主義内部振替価格財産計算時価基準原価主義資産評価

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android