評価(読み)ヒョウカ

  • ひょうか ヒャウ‥
  • ひょうか〔ヒヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
品物の価格を決めること。また、その価格。ねぶみ。「評価額」
事物や人物の、善悪・美醜などの価値を判断して決めること。「外見で人を評価する」
ある事物や人物について、その意義・価値を認めること。「評価できる内容」「仕事ぶりを評価する」
教育評価」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 品物の値段をきめること。また、その価格。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「欧米の都府にて、市店を過ぎ物品を買ふとき、評価定まれば、持届ける『アッドレス』を請ふ」 〔宋史‐隠逸伝上・戚同文〕
② 善悪、美醜などそのものの価値を定めること。また、その価値。価値があるとすることをもいう。
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉六「二十日間に於て生徒は君の学問人物を評価し得る余地がないのであります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android