原錦吾(読み)はら きんご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原錦吾 はら-きんご

1867-1936 大正-昭和時代前期の実業家。
慶応3年3月26日生まれ。母校高等商業(現一橋大)などの教授をへて,明治25年明治火災保険にはいる。大正3年常務となったが,翌年辞任。のち日本最初の火災保険協会を設立した。昭和11年4月13日死去。70歳。江戸出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android