コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厨子棚 ズシダナ

デジタル大辞泉の解説

ずし‐だな〔ヅシ‐〕【×厨子棚】

厨子2」に同じ。
武家の調度の一。三段からなる置き棚で、中・下段に両開きの扉をつけたもの。江戸時代には大名家の嫁入り道具ともなった。→三棚(さんたな)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の厨子棚の言及

【棚】より

…また奈良~平安時代にかけて装飾的な置棚が使われだした。最初は大陸からもたらされた厨子(ずし)が貴族の調度として使われていたが,これは日本人にはなじまず,平安時代になると厨子と棚とをいっしょにした厨子棚が工夫された。これには棚だけの二階棚,三階棚もあり,蒔絵(まきえ)などで美しく装飾され,寝殿造建築における貴族調度の典型となった。…

※「厨子棚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

厨子棚の関連キーワード嫁入り道具幸阿弥長玄幸阿弥派和家具織部棚蜷結び飾り棚三棚居間書棚

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android