嫁入り道具(読み)よめいりどうぐ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嫁入り道具
よめいりどうぐ

結婚に際して,嫁および嫁側の家族が婿方に持参する荷物。嫁荷ともいう。婿方から嫁方に贈与される結納に対するものであり,嫁の持参金に類似する性格をもつ。嫁入り婚の場合は他に比べて荷物の品物も豊富であり,事前にこれを披露する儀礼が婚姻儀礼に組込まれている地方もある。これに対して婿入り婚では普段着で行われることが多い。嫁入り道具は,嫁入り行列とともに婿方に運ばれる場合のほか,事前に荷送りが行われる場合もある。また北陸の日本海側の村落では,結婚後も定期的ないし長期的な里帰りが行われるため,それが終了する 33歳の嫁の厄年に婿方に届けられる。その間,嫁は季節ごとに着物や必要な道具を実家に取りに帰る。嫁入り道具には,嫁が完全に婿方の家族の一員となることを象徴する意味がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よめいり‐どうぐ〔‐ダウグ〕【嫁入り道具】

嫁入りするときに持っていくタンス・鏡台などの道具類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よめいりどうぐ【嫁入り道具】

嫁入りのとき、花嫁が持っていく家財道具。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嫁入り道具の関連情報