コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三段(読み)サンダン

大辞林 第三版の解説

さんだん【三段】

[1] 三つの段。三つの段階。
[0] 歌舞伎で使う高さ約1メートルほどの三段の階段。高足の二重舞台に配して階段とし、また幕切れにこれを赤い毛氈もうせんで包んで持ち出し、演者が見得をきる時に乗る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三段の言及

【歌舞伎】より

…現代でも古風な演出に使う。 三段(さんだん)大道具。時代物や舞踊劇の幕切れで,座頭(ざがしら)の役が乗って見得(みえ)をするための台。…

※「三段」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三段の関連情報