コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三棚 サンタナ

大辞林 第三版の解説

さんたな【三棚】

近世における武家調度のうち、御厨子みずし棚・黒棚・書棚の三つの棚。大名家の嫁入り調度。
すぐれた意匠で著名な三種の違い棚。醍醐寺三宝院の霞棚、修学院離宮・桂離宮の桂棚。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の三棚の言及

【修学院離宮】より

…中の御茶屋の庭は下と同じく,滝と遣水と小池のおとなしい作りであるが,当初朱宮(あけのみや)(後水尾上皇第8皇女,林丘寺初代門跡)の御所であったときの書院楽只軒(らくしけん)や,東福門院御所より移築された客殿が今に伝えられている。特に客殿一の間に備えられた,5枚の棚板を霞のように互い違いに配する霞棚は,桂棚(桂離宮新御殿),醍醐棚(三宝院宸殿)とともに天下の三棚として名高い。【村岡 正】。…

【棚】より

…これには棚だけの二階棚,三階棚もあり,蒔絵(まきえ)などで美しく装飾され,寝殿造建築における貴族調度の典型となった。この系統の棚も中世,近世に室内装飾の中心として受けつがれ,近世の三棚や冠棚となる。三棚は大名家の嫁入調度で,厨子棚,黒棚,書棚から成る。…

【木工芸】より

…武家の調度もその典拠となったものはあくまでも公家調度であり,公家調度の二階厨子と二階棚とが組み合わされて,室町時代には武家調度としての厨子棚,黒棚が生まれた。江戸時代になるとこれに書棚が加わって三棚と呼ばれ,大名たちの嫁入り調度の中心的存在となった。桃山時代,千利休によって茶道が大成されると,日本の木竹工芸は再認識され,また本阿弥光悦は,平安朝の諸工芸を学び清新な時代感覚の作品を生み出した。…

※「三棚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三棚の関連キーワード修学院離宮(しゅがくいんりきゅう)厨子棚・廚子棚醍醐寺三宝院肉合研出蒔絵修学院離宮南方録厨子棚桂離宮違い棚近世意匠

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三棚の関連情報