コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双峰寺大雄殿 そうほうじだいゆうでん Ssangbong-sa Taeung-jǒn

1件 の用語解説(双峰寺大雄殿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

双峰寺大雄殿
そうほうじだいゆうでん
Ssangbong-sa Taeung-jǒn

韓国,全羅南道和順郡梨陽面の双峰寺境内にあった木造三層閣形式の建物。詰組み (多包) 様式による柱間1間四方の大雄殿 (金堂) で,三層屋根が入母屋造。元来は木造三層塔であったらしい。李朝中期の建物で,粛宗 16 (1690) 年と景宗4 (1724) 年の2度にわたり修復されたが,1984年4月に信者の不注意による火事で焼失した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

双峰寺大雄殿の関連キーワード閑麗水道全羅南道全羅北道光州事件南原羅州円福寺境内総持寺境内〈群馬県〉東寺境内高敞、和順、江華の支石墓群跡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone