コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金堂 こんどう

7件 の用語解説(金堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金堂
こんどう

仏教寺院で本尊像を安置するために造られた堂。仏殿,本堂ともいう。塔の背後または横に建設される。奈良時代には一寺院で複数の金堂を併置した例もある。最古の遺例は法隆寺の金堂 (7世紀後期) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こん‐どう〔‐ダウ〕【金堂】

日本の寺院の伽藍(がらん)配置の中心をなす建物で、本尊を安置する堂。本堂。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金堂【こんどう】

仏教寺院(伽藍(がらん))を形成する中心的建造物で,その寺院の本尊を安置してある仏殿。インドでは香堂と呼ばれる。中国,日本では内部を金色に塗るのでこの名がある。
→関連項目飛鳥寺式伽藍配置大官大寺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

金堂

 お寺の中の本尊[ほんぞん]を納める建物です。お寺の中では一番重要な建物になります。基本的には1つの寺に1つの金堂が置かれます。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こんどう【金堂】

古代仏教伽藍の本尊を安置する主要堂で,後世の本堂にあたる。仏殿ともいわれ,中国,朝鮮では大雄宝殿などとも呼ぶ。金堂の呼名は百済,新羅にあり(《三国遺事》),金人(本尊仏)の堂という表現から生まれたらしい。初期には伽藍の中心部,塔の北に接して置かれた。ふつう金堂は1棟だが,飛鳥寺では塔の3方にあり,川原寺では中金堂のほかに回廊内にも西金堂があった。平城京興福寺では中金堂院のほかに東金堂院,西金堂院が置かれるなど,複数の金堂をもつ寺もあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こんどう【金堂】

寺院で、本尊を安置する仏殿。伽藍配置の中心。本堂。堂内を金色に装飾したことから、あるいは仏を金人ということからこの名があるという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金堂
こんどう

七堂伽藍(がらん)の中心となる堂舎で、本尊仏を安置してある堂をいう。一般にいわれる本堂や仏殿に相当する。堂内が金色に塗装された堂という意味ではなく、金色(こんじき)の仏像を安置したので名づけられたのであろう。代表的な金堂には、法隆寺(飛鳥(あすか)時代)、唐招提寺(とうしょうだいじ)(奈良時代)、室生寺(むろうじ)(平安時代)、醍醐寺(だいごじ)(鎌倉時代)、興福寺(こうふくじ)(室町時代)、教王護国寺(東寺、桃山時代)などのものがある。[阿部慈園]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金堂の関連キーワード外陣祖師堂内陣本尊縁の綱蔵王堂中堂内内陣仏殿本堂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金堂の関連情報