金堂(読み)こんどう

精選版 日本国語大辞典「金堂」の解説

こん‐どう ‥ダウ【金堂】

〘名〙
① (内に金色の仏像を安置し、また、その装飾も金色に光り輝いていたために名づけられたもの。一説に、仏を金人というため、本尊仏を安置した堂をこう名づけたともいう) 伽藍の中心で、一の本尊を安置した堂。平安中期頃までは、本尊を安置する堂を一般に「金堂」と称していたが、以後は「本堂」と呼ばれるようになった。
※書紀(720)推古一四年四月(岩崎本室町時代訓)「丈六の銅の像を元興寺の金堂(コンタウ)に坐(ま)せます」
② 金箔(きんぱく)を押したり、または、金銀をちりばめた殿堂。金色の堂。〔拾遺記‐一〇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「金堂」の解説

金堂
こんどう

七堂伽藍(がらん)の中心となる堂舎で、本尊仏を安置してある堂をいう。一般にいわれる本堂や仏殿に相当する。堂内が金色に塗装された堂という意味ではなく、金色(こんじき)の仏像を安置したので名づけられたのであろう。代表的な金堂には、法隆寺(飛鳥(あすか)時代)、唐招提寺(とうしょうだいじ)(奈良時代)、室生寺(むろうじ)(平安時代)、醍醐寺(だいごじ)(鎌倉時代)、興福寺(こうふくじ)(室町時代)、教王護国寺(東寺、桃山時代)などのものがある。

[阿部慈園]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「金堂」の解説

金堂【こんどう】

仏教寺院(伽藍(がらん))を形成する中心的建造物で,その寺院の本尊を安置してある仏殿。インドでは香堂と呼ばれる。中国,日本では内部を金色に塗るのでこの名がある。平安時代以降は本堂とも呼ばれた。飛鳥(あすか)時代の法隆寺(西院),奈良時代の唐招提寺,平安時代の当麻寺醍醐寺の各金堂は代表的遺構である。→伽藍配置
→関連項目飛鳥寺式伽藍配置大官大寺

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「金堂」の解説

金堂
こんどう

仏教寺院で本尊像を安置するために造られた堂。仏殿,本堂ともいう。背後または横に建設される。奈良時代には一寺院で複数の金堂を併置した例もある。最古の遺例は法隆寺の金堂 (7世紀後期) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

防府市歴史用語集「金堂」の解説

金堂

 お寺の中の本尊[ほんぞん]を納める建物です。お寺の中では一番重要な建物になります。基本的には1つの寺に1つの金堂が置かれます。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典 第2版「金堂」の解説

こんどう【金堂】

古代仏教伽藍の本尊を安置する主要堂で,後世の本堂にあたる。仏殿ともいわれ,中国,朝鮮では大雄宝殿などとも呼ぶ。金堂の呼名は百済,新羅にあり(《三国遺事》),金人(本尊仏)の堂という表現から生まれたらしい。初期には伽藍の中心部,塔の北に接して置かれた。ふつう金堂は1棟だが,飛鳥寺では塔の3方にあり,川原寺では中金堂のほかに回廊内にも西金堂があった。平城京の興福寺では中金堂院のほかに東金堂院,西金堂院が置かれるなど,複数の金堂をもつ寺もあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android