双生児法(読み)そうせいじほう(英語表記)co-twin control method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

双生児法
そうせいじほう
co-twin control method

1卵性あるいは2卵性の双生児を被験対象として,人間の身体的特質やその心的特性に対する遺伝的素因と環境的素因との影響を調べる方法。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の双生児法の言及

【精神発達】より


[精神発達の規定要因]
 精神発達を主に規定するのは遺伝か環境か(あるいは成熟か学習か)という問題をめぐって,古来さまざまな研究と議論が行われてきた。研究のおもな方法としては,人間的・文化的環境から隔離されて育ったとみられる野生児の研究,知能などの優秀者または劣等者を多数うみだした家系を調査する家系法,一卵性双生児を二卵性双生児や兄弟と比較する双生児法,親子間の知能やパーソナリティの類似度を比較する方法などが用いられた。しかし,これらの方法による研究の結果は必ずしも一致しなかった。…

※「双生児法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android