反りを打つ(読み)ソリヲウツ

デジタル大辞泉の解説

反(そ)りを打・つ

反ったように曲げる。そりかえらせる。
「波頭は吹きつける風に―・って」〈有島生れ出づる悩み
すぐ抜けるように刀の鞘(さや)を上向きにして身構える。
「―・っておどしても、割符を取らずにおかうかと、ずばと抜けば」〈浄・博多小女郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そりをうつ【反りを打つ】

反り打ち返す」に同じ。 「せぬにおいては一寸もにじらせぬが、と刀に-・てば/浮世草子・武道伝来記 8
反りをつける。そりかえらせる。 「口べにの時くちびるに-・ち/柳多留拾遺 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android