コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生れ出づる悩み ウマレイヅルナヤミ

3件 の用語解説(生れ出づる悩みの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うまれいづるなやみ【生れ出づる悩み】

有島武郎短編小説。大正7年(1918)発表。北海道出身の漁夫画家、木田金次郎モデルとした作品。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うまれいずるなやみ【生れ出づる悩み】

小説。有島武郎作。1918年(大正7)刊。画家木田金次郎をモデルに、漁師の生活の中で芸術への情熱やみがたい青年を共感的に描き、作者の芸術観を具体化した作品。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生れ出づる悩み
うまれいずるなやみ

有島武郎(たけお)の短編小説。1918年(大正7)3月から4月まで『大阪毎日新聞』『東京日日新聞』に連載。加筆して、9月『有島武郎著作集』第6集に、『石にひしがれた雑草』とあわせて叢文閣(そうぶんかく)より刊行。北海道岩内(いわない)で漁師をしながら、画家になる志望を捨てず、家業と自己の表現欲との相克に悩む青年を、語り手の聞き書きによって描いた作品。主人公木本は、実在の画家木田金次郎をモデルにするが、作者の意図は、彼に感情移入して、自らの芸術的衝動のありようを対象化するところにあった。[山田俊治]
『『生れ出づる悩み』(旺文社文庫・角川文庫・講談社文庫) ▽山田昭夫著『有島武郎の世界』(1978・北海道新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生れ出づる悩みの関連キーワード短編小説時代小説寓意小説三文小説写実小説掌編小説中編小説悲惨小説本格小説ノアール小説

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生れ出づる悩みの関連情報