コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生れ出づる悩み ウマレイヅルナヤミ

デジタル大辞泉の解説

うまれいづるなやみ【生れ出づる悩み】

有島武郎の短編小説。大正7年(1918)発表。北海道出身の漁夫画家、木田金次郎をモデルとした作品。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うまれいずるなやみ【生れ出づる悩み】

小説。有島武郎作。1918年(大正7)刊。画家木田金次郎をモデルに、漁師の生活の中で芸術への情熱やみがたい青年を共感的に描き、作者の芸術観を具体化した作品。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生れ出づる悩み
うまれいずるなやみ

有島武郎(たけお)の短編小説。1918年(大正7)3月から4月まで『大阪毎日新聞』『東京日日新聞』に連載。加筆して、9月『有島武郎著作集』第6集に、『石にひしがれた雑草』とあわせて叢文閣(そうぶんかく)より刊行。北海道岩内(いわない)で漁師をしながら、画家になる志望を捨てず、家業と自己の表現欲との相克に悩む青年を、語り手の聞き書きによって描いた作品。主人公木本は、実在の画家木田金次郎をモデルにするが、作者の意図は、彼に感情移入して、自らの芸術的衝動のありようを対象化するところにあった。[山田俊治]
『『生れ出づる悩み』(旺文社文庫・角川文庫・講談社文庫) ▽山田昭夫著『有島武郎の世界』(1978・北海道新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

生れ出づる悩みの関連キーワード日本のおもな美術館荒井記念美術館木田 金次郎有島 武郎反りを打つ八木 義徳然らぬだに聳え立つどぶどぶ盛れ上る吹き捲く拉げる紫立つ真向き鬼一口塩辛声執念いしとど薄曇る臼搗く

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android