反動主義(読み)はんどうしゅぎ

世界大百科事典内の反動主義の言及

【保守主義】より

…実際,妥協を排し犠牲を払っても,理想化された過去というユートピアの実現をめざしてたたかおうとした彼らの思想は,現実に柔軟に対応しようとする保守主義よりは,むしろ反動の名にふさわしい。反動主義者は,ユートピアを過去に求める点では保守主義者と共通するが,気質の点ではむしろ,多くの場合不安定な心理の持主である急進主義者に近い(したがって,反動をこの意味に用いれば,特定の社会主義的伝統に固執する態度を反動的左翼と呼ぶこともできる)。フランスでイギリス型の保守主義に近かったのは,ほとんどA.deトクビル一人であった。…

※「反動主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

反動主義の関連情報