反故にする(読み)ホゴニスル

  • に する
  • ほぐ
  • ほご
  • 反故
  • 反故(ほご)に◦する

デジタル大辞泉の解説

無駄に捨てる。「コピー用紙を何枚も―◦する」
ないものとする。に立たないものにする。「契約を―◦する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

以前にした言動などをないものとする。無効にする。ほごにする。ほんごにする。
※雑俳・丹舟評万句合(1704‐11)「いそぐほどやくそくほぐにする上絵」
役に立たないものにする。ないものとする。ほぐにする。
※歌舞伎・四天王楓江戸粧(1804)二番目「わりゃ兄親の存意を反故(ホゴ)にするか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

反故にするの関連情報