コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反故/反古 ホウグ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐ぐ【故/古】

ほご(反故)」に同じ。
「さすが積もりにける―なれば、多くて」〈右京大夫集詞書

ほう‐ご【故/古】

ほご(反故)」に同じ。
「残し置かじと思ふ―など」〈徒然・二九〉

ほ‐ぐ【故/古】

ほご(反故)」に同じ。

ほ‐ご【故/古】

書きそこなったりして不要になった紙。ほご紙。ほうご。ほぐ。
役に立たなくなった物事。

ほん‐ぐ【反故/反古】

ほご(反故)」に同じ。
「人に紙、―など乞ひ集め」〈発心集

ほん‐ご【反故/反古】

ほご(反故)」に同じ。
「証文などは―にまぎれて」〈都鄙問答・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

反故/反古の関連キーワードラ・シルフィードイブン・ズフル磐城平元文一揆ミコワイチク秋山角左衛門市河見西の妻キルヒマン古川古松軒反故・反古大隈 三好大阪張り子公界をする故紙・古紙漉き返し松岡大蟻豊島信満漆紙文書金春禅鳳漉き返す紙背文書

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android