コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

収公 しゅうこう

大辞林 第三版の解説

しゅうこう【収公】

〔「しゅこう」とも〕
領地などを官府がとりあげること。没収。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の収公の言及

【召放】より

…鎌倉時代以降,おもに武士に対して行われた刑罰の一種。鎌倉幕府法では,召放はもっぱら所領(所帯)の没収を意味し,所領を召す,あるいは収公,改易とも称せられた。鎌倉時代には武士の所職と所領は不可分の関係にあり,所領の没収は武士に対する刑の根幹として広く行われた。…

【没収】より

…西洋では,全財産の没収は,すでにローマ法にあったといわれるが,とくに中世から近世にかけて広く行われた。日本でも,鎌倉・室町幕府に〈収公(じゆこう)〉,江戸幕府に〈闕所(けつしよ)〉という家産没収があった。明治維新後も,1870年(明治3)までは〈財産籍没〉が認められていた。…

※「収公」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

収公の関連キーワード墾田永年私財法ベネフィキウム班田収授の法大船建造の禁波々伯部保三世一身法班田収授法喜多見重政中臣大分高階為章大高重成蒲生忠知鹿子木荘園宅地大村藩得蔵保安食荘豊島氏新京極駿府藩

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android