コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取りこわしポルカ

デジタル大辞泉プラスの解説

取りこわしポルカ

オーストリアの作曲家ヨハン・シュトラウス2世の管弦楽によるポルカ(1863)。原題《Demolierer-Polka》。ウィーン中心部を囲む城壁の取り壊しと現在「リング」と呼ばれる広い環状道路の工事に着想を得て作曲された。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android