コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リング Ling, Pehr Henrik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リング
Ling, Pehr Henrik

[生]1776.11.15. クルーヌーベリ
[没]1839.5.3. ストックホルム
スウェーデンの近代体育の先駆者。 1799年デンマークへ渡り,コペンハーゲンの大学で神学,言語学を学びながら F.ナハテガルから体操の指導を受けた。 1804年帰国後,J.グーツムーツの器具体操に人体解剖学生理学を根底におく徒手体操を加えたスウェーデン体操を創始。これはリングの体操の体系の核心を形づくるものであり,肋木,登攀はしご,平均台などを用いたり,軽器具と呼ばれる棒,棍棒,唖鈴なども用いたものである。またその子 H.リングも,スウェーデン体操を教育体操として発展させた。主著『体操便覧』 Reglemente für Gymnastik (1836) ,『体操の一般的原理』 Allgemeine Begrundung der Gymnastik (1840) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

リング(Pehr Henrik Ling)

[1776~1839]スウェーデンの体育家。スウェーデン体操の父といわれる。

リング(ring)

輪。また、輪のような形をしたもの。「イカのリングフライ」
指輪。「エンゲージリング
ボクシングやプロレスの試合場。正方形のマットの周囲にロープを張り、高くしつらえた台。
[補説]書名別項。→リング

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

リング

スウェーデン体操創始者詩人体操を身体の完成をめざす運動の系列と考え,生理学と解剖学に基づいた組織的な体操を創案した。彼は,体操を軍事体操,医療体操,教育体操,芸術体操の4本の柱で構想したが,いずれも完成をみないで終わった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リング【Per Henrik Ling】

1776‐1839
スウェーデン体操の創始者,詩人。スモーランド地方リュンガの牧師の家に生まれる。母モリーンは17世紀の愛国主義者オーロフ・ルドベックOlof Rudbeck(1630‐1702)の家系につながるという。ルンド大学,ウプサラ大学などで学ぶ中でゴート主義に傾倒。病弱であった彼は,1797年フランスの医師ティソClèment Joseph Tissot(1750‐1826)の書に接し,乗馬やフェンシングが体に良いことを知る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

リング【ring】

。輪状のもの。
指輪。 「エンゲージ--」
ボクシングやプロレスなどの試合場。 「 -にのぼる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リング
りんぐ
Pehr Henrik Ling
(1776―1839)

スウェーデン体操の創始者。大学では神学と言語学を学んだが、のちにデンマークにナハティガルを訪れ体操の指導を受けた。彼は解剖学、生理学を学び、体操に科学的根拠を与えた。体操を分類して、〔1〕教育体操、〔2〕兵式体操、〔3〕医療体操、〔4〕美的体操とした。しかし実際には教育、兵式、医療の三部門だけが指導され、教材の数もきわめて少なく、その運動様式もはなはだ簡単であった。スウェーデン体操としてもっとも特色を発揮したのは教育体操と医療体操で、本国スウェーデンだけでなく、ドイツ体操とともに近代における世界の体操を二分して君臨した。[上迫忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

リング

生年月日:1776年11月15日
スウェーデンの近代体育の先駆者
1839年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のリングの言及

【体操】より

…その代表的文献がグーツムーツの《青年のための体操》(1793)である。ここで体操とは,健康で明るい市民生活を営む能力を身につけるために,いろいろな運動を体系づけ,方法化することであり,走・跳・投,レスリング,運搬,水浴など,あらゆる自然的な運動が体操の内容となった。この時点ではまだ徒手体操も器械体操も考えられておらず,視覚や聴覚などの感覚訓練をも含む広義の身体運動を体操と考えていた。…

※「リング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リングの関連キーワードweb content filtering serviceweb content filter serviseweb filtering serviceweb content filterインターネットフィルタリングサービスウェブコンテンツフィルタリングソフトインターネットフィルタリングソフトBluetoothマルチペアリングMHIプラントエンジニアリングコンテンツフィルターサービスURLフィルタリングサービスBluetoothペアリングauthoring tooldisc mirroringウェブフィルタリングソフトエクステンションチューブラディヤードキップリングオーサリングソフトウエアフィルタリングポリシースクリーンミラーリング

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リングの関連情報