コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リング リング Ling, Pehr Henrik

9件 の用語解説(リングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リング
リング
Ling, Pehr Henrik

[生]1776.11.15. クルーヌーベリ
[没]1839.5.3. ストックホルム
スウェーデンの近代体育の先駆者。 1799年デンマークへ渡り,コペンハーゲンの大学で神学,言語学を学びながら F.ナハテガルから体操の指導を受けた。 1804年帰国後,J.グーツムーツの器具体操に人体解剖学生理学を根底におく徒手体操を加えたスウェーデン体操を創始。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リング(Pehr Henrik Ling)

[1776~1839]スウェーデンの体育家。スウェーデン体操の父といわれる。

リング(ring)

輪。また、輪のような形をしたもの。「イカの―フライ」
指輪。「エンゲージ―」
ボクシングやプロレスの試合場。正方形のマットの周囲にロープを張り、高くしつらえた台。
[補説]書名別項。→リング

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リング

スウェーデン体操の創始者。詩人。体操を身体の完成をめざす運動の系列と考え,生理学と解剖学に基づいた組織的な体操を創案した。彼は,体操を軍事体操,医療体操,教育体操,芸術体操の4本の柱で構想したが,いずれも完成をみないで終わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

リング

 →キングクリップ

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソフトダーツ辞典の解説

リング

シャフトに取り付け、フライトが外れにくくするためのパーツシャフトリングともいう。

出典|株式会社ダーツライブ
Copyright (C) DARTSLIVE Co.,Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

リング【Per Henrik Ling】

1776‐1839
スウェーデン体操の創始者,詩人。スモーランド地方リュンガの牧師の家に生まれる。モリーンは17世紀の愛国主義者オーロフ・ルドベックOlof Rudbeck(1630‐1702)の家系につながるという。ルンド大学,ウプサラ大学などで学ぶ中でゴート主義に傾倒。病弱であった彼は,1797年フランスの医師ティソClèment Joseph Tissot(1750‐1826)の書に接し,乗馬やフェンシングが体に良いことを知る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

リング【ring】

。輪状のもの。
指輪。 「エンゲージ--」
ボクシングやプロレスなどの試合場。 「 -にのぼる」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リング
りんぐ
Pehr Henrik Ling
(1776―1839)

スウェーデン体操の創始者。大学では神学と言語学を学んだが、のちにデンマークにナハティガルを訪れ体操の指導を受けた。彼は解剖学、生理学を学び、体操に科学的根拠を与えた。体操を分類して、〔1〕教育体操、〔2〕兵式体操、〔3〕医療体操、〔4〕美的体操とした。しかし実際には教育、兵式、医療の三部門だけが指導され、教材の数もきわめて少なく、その運動様式もはなはだ簡単であった。スウェーデン体操としてもっとも特色を発揮したのは教育体操と医療体操で、本国スウェーデンだけでなく、ドイツ体操とともに近代における世界の体操を二分して君臨した。[上迫忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のリングの言及

【体操】より

…その代表的文献がグーツムーツの《青年のための体操》(1793)である。ここで体操とは,健康で明るい市民生活を営む能力を身につけるために,いろいろな運動を体系づけ,方法化することであり,走・跳・投,レスリング,運搬,水浴など,あらゆる自然的な運動が体操の内容となった。この時点ではまだ徒手体操も器械体操も考えられておらず,視覚や聴覚などの感覚訓練をも含む広義の身体運動を体操と考えていた。…

※「リング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リングの関連キーワードスウェーデン体操スウェーデンリレースウェーデン刺繍・スウェーデン刺繡スウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーデン放送交響楽団スウェーデン館の謎スモーラントシュトーヴァレスウェーデン労働総同盟スウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リングの関連情報