取引猶予金(読み)とりひきゆうよきん

大辞林 第三版の解説

とりひきゆうよきん【取引猶予金】

清算取引で、現金受渡日に買い手がその受渡日を延ばすために売り手に払う繰延料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とりひきゆうよ‐きん ‥イウヨ‥【取引猶予金】

〘名〙 清算取引買手が現物の受渡期日を延ばすために支払う繰延料。日歩とする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android