コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取得原価主義会計 しゅとくげんかしゅぎかいけい

1件 の用語解説(取得原価主義会計の意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

取得原価主義会計

取得原価をベースにして資産の帳簿価格を決定しそれに基づいて損益計算を行う会計の考え方取得原価主義会計といいます。取得原価主義会計を採用するためには貨幣が安定している必要があります。急激なインフレでは、正しい損益計算が行えないからです。取得原価主義が採用されるときはこんなときです。①容易に検証できる。②処分可能額から未実現の利益を排除することができる。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の取得原価主義会計の言及

【インフレーション会計】より

…インフレーションによる貨幣価値変動に即して行われる企業会計をいう。現行の取得原価主義会計は,技術的理由等により,〈貨幣価値が一定である〉という仮定のもとで行われている。しかし現実には,貨幣価値が変動するのが普通であるから,現行の会計は企業の現実の活動の姿を的確に描写していない面をもつ。…

※「取得原価主義会計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

取得原価主義会計の関連キーワード帳簿価額含み資産原価法資産評価取得原価低価法簿価会計平均法原価基準

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone