コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叡尊・睿尊 えいぞん

1件 の用語解説(叡尊・睿尊の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

えいぞん【叡尊・睿尊】

1201~1290) 鎌倉中期の律宗の僧。大和の人。字あざなは思円、諡おくりなは興正菩薩。はじめ密教を学び、のち戒律復興を志し奈良西大寺を復興。蒙古襲来の時、敵国降伏を祈願して神風を起こしたと伝えられる。貧民救済などの社会事業を行い、また殺生禁断を勧めた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

叡尊・睿尊の関連キーワード建仁浅原為頼浅原為頼叡尊叡尊叡尊浄土真宗城長茂藤原隆衡源家長

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone