コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叡尊・睿尊 えいぞん

大辞林 第三版の解説

えいぞん【叡尊・睿尊】

1201~1290) 鎌倉中期の律宗の僧。大和の人。字あざなは思円、諡おくりなは興正菩薩。はじめ密教を学び、のち戒律復興を志し奈良西大寺を復興。蒙古襲来の時、敵国降伏を祈願して神風を起こしたと伝えられる。貧民救済などの社会事業を行い、また殺生禁断を勧めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

叡尊・睿尊の関連キーワード蒙古襲来殺生禁断興正菩薩社会事業神風律宗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android