コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口上茶番 コウジョウチャバン

デジタル大辞泉の解説

こうじょう‐ちゃばん〔コウジヤウ‐〕【口上茶番】

身振りを入れず、座ったまま、せりふだけで演じるこっけいな茶番

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうじょうちゃばん【口上茶番】

茶番の一種。いろいろな品物を並べ、それを材料にしてしゃれや滑稽を述べ立てるもの。江戸末期に流行。 → 立茶番たちちやばん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の口上茶番の言及

【茶番】より

…やがてこれが慣習となり,天明(1781‐89)のころには民間にも広まり,文化・文政を経て天保(1830‐44)のころに大流行した。江戸で〈立(たち)茶番〉〈口上茶番〉という2種類の茶番狂言が成立した。〈立茶番〉は〈俄(にわか)茶番〉ともいい,鬘(かつら)や衣装をつけて芝居もじりのユーモラスな寸劇を演ずるもので,上方の〈〉と同じようなものであった。…

※「口上茶番」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

口上茶番の関連キーワード五柳亭徳升身振り立茶番

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android