立(ち)茶番(読み)タチチャバン

大辞林 第三版の解説

たちちゃばん【立茶番】

茶番劇の一。立って鬘かつらや衣装をつけ、化粧をし、所作・動作をもって演ずる茶番。大部屋俳優たちが、楽屋の慰みに始めたものが一般に広まったものという。江戸末期に流行。茶番狂言。 → 口上茶番

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の立(ち)茶番の言及

【茶番】より

…やがてこれが慣習となり,天明(1781‐89)のころには民間にも広まり,文化・文政を経て天保(1830‐44)のころに大流行した。江戸で〈立(たち)茶番〉〈口上茶番〉という2種類の茶番狂言が成立した。〈立茶番〉は〈俄(にわか)茶番〉ともいい,鬘(かつら)や衣装をつけて芝居もじりのユーモラスな寸劇を演ずるもので,上方の〈〉と同じようなものであった。…

※「立(ち)茶番」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android