口無し(読み)クチナシ

デジタル大辞泉の解説

くち‐なし【口無し】

ものを言わないこと。また、その人。和歌で、多く梔子(くちなし)に掛けて使う。
「山吹の花色衣ぬしや誰問へど答へず―にして」〈古今・雑体〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くちなし【口無し】

ものを言わないこと。また、その人。詩歌などで、多く「巵子くちなし」にかけて用いる。 「山吹きの花色衣主やたれ問へど答へず-にして/古今 雑体

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android