コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑体 ザッタイ

大辞林 第三版の解説

ざったい【雑体】

雑体詩 」に同じ。
ざってい(雑体) 」に同じ。

ざってい【雑体】

〔古今集の部立てにあることから〕 和歌の部類の一。長歌と旋頭歌せどうかと俳諧歌のこと。ざったい。
和歌の一体として、連歌を呼ぶ語。 「連歌は歌の-也/連理秘抄」
連歌の一。雑体連歌(俳諧・聯句連歌・雑句・片句連歌)のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の雑体の言及

【書体】より

…劉宋の王愔(おういん)《古今文字志目》は古書体36種として,古文篆,大篆,小篆,隷書,象形篆,科斗,殳書,繆書,鳥書,尚方大篆,鳳書,魚書,竜書,麒麟書,亀書,蛇書,仙人書,雲書,芝英書,金錯書,十二時書,懸針書,垂露書,倒薤書,偃波書,蚊脚書,草書,行書,楷書,藁書,塡書,飛白書などをあげている。このうち大篆,小篆,隷書,草書,行書,楷書,藁書などは小篆系の現在も通行の書体であり,他のものは篆隷を自然に存在するものに寓して意匠化した特殊書体で雑体と呼ばれる。この雑体は,梁の蕭子良《篆隷文体》にはさらに7種多い43種を数えるにいたる。…

※「雑体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雑体の関連キーワード己が散り散りうけらが花富士の嶺の思ひ敢へずつづりさせ刈る萱の長柄の橋墨染めの君が差す綴り刺せ塵に継ぐ閻浮の身胸走り火群れ立つ連理秘抄旋頭歌古今集口無しかいよひとく

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android