山吹(読み)ヤマブキ

デジタル大辞泉の解説

やま‐ぶき【山吹】

バラ科の落葉低木。山間の湿地に多く、群生する。葉は互生し、卵形で先がとがり、縁に二重のぎざぎざがある。晩春、黄色の5弁花を開き、実は暗褐色。古くから庭木とされ、八重咲きのものは実がならない。漢名、棣棠花。 春》「ほろほろと―ちるか滝の音/芭蕉
山吹色」に同じ。
《色が1の花の色に似るところから》大判・小判の金貨。黄金。
襲(かさね)の色目の名。表は朽葉(くちば)、裏は黄。山吹襲
紋所の名。1の花や葉を図案化したもの。

フナをいう女房詞
白酒をいう女房詞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまぶき【山吹】

バラ科の落葉低木。山地に生え、庭木ともする。茎は緑色で多数叢生そうせいし、高さ約1.5メートルで先は垂れる。葉は狭卵形で鋸歯がある。春、小枝の先に黄色の五弁花を一個ずつつける。果実は卵円形。園芸品種には重弁花もある。 [季] 春。
家紋の一。山吹の花や葉を図案化したもの。水を配するものもある。
山吹色に同じ。
かさねの色目の名。表は薄朽葉、裏は黄色。春、着用する。
山吹色であることから 大判・小判など、金貨の異名。 -二枚取り出し/浮世草子・元禄太平記
女房詞ふな大上﨟御名之事
中世女性語 酒。 日葡
鉱山で、採取した鉱物から金銀銅などを吹き分けること。また、その吹き分けたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山吹 (ヤマブキ)

学名:Kerria japonica
植物。バラ科の落葉低木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やま‐ぶき【山吹】

〘名〙
① バラ科の落葉低木。各地の山野に生え、また、観賞用に庭園などに広く栽植される。高さ一~二メートル。葉は柄をもち長さ三~七センチメートルの長卵形で縁に不規則な鋸歯(きょし)がある。春、新しい短い側枝の先端に黄金色で径四センチメートル内外の五弁花を一個ずつ開く。果実は扁球形で約五ミリメートルぐらい。茎には白い髄があり、子どもが玩具の鉄砲の玉などに使った。八重咲きで果実のできないヤエヤマブキ、白花のシロバナヤマブキなどの品種がある。漢名、棣棠・棣棠花。《季・春》
※万葉(8C後)一一・二七八六「山振(やまぶき)のにほへる妹がはねず色の赤裳の姿夢に見えつつ」
② 「やまぶきいろ(山吹色)①」の略。
※源氏(1001‐14頃)紅葉賀「まばゆき色にはあらで、紅、紫、山ぶきの地の限り織れる御小袿などを」
※宇津保(970‐999頃)楼上上「やまぶきの綾の三重がさね」
④ 紋所の名。①の花、また花と枝葉を図案化したもの。抱き山吹、向う山吹などがある。
金貨大判または小判。その色が①の花の色に似ているところからいう。
※俳諧・犬子集(1633)二「咲色はかな山ふきのゐんす哉〈慶友〉」
※随筆・独寝(1724頃)下「百万貫の山吹も同じ事のつもりといへり」
⑥ 女房詞。
(イ) 鮒(ふな)をいう。〔大上臈御名之事(16C前か)〕
(ロ) 白酒をいう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
(ハ) 干大根と嫁菜を煮たものをいう。
※女重宝記(元祿五年)(1692)一「ほし大こんによめなは山(ヤマ)ぶき」
※洒落本・南閨雑話(1773)馴染の体「その山吹を、よヲふく。ほうじて入れや。どれへ。ヱヱモフこの子は、それナきのふ道さんの所から来た茶よ」
⑧ 香木の名。分類は羅国(らこく)。二百種名香の一つ。〔五月雨日記(1479)〕
⑨ 魚の背鰭の部分の名。
⑩ 鉱山で、採取した鉱物から金・銀・銅・錫などを吹き分けること。また、その吹き分けたもの。
[語誌](1)①は「万葉集」のころからよく詠まれたが、王朝和歌では晩春の景物として定着した。水辺に咲くので、「移ろふ」と「映ろふ」を掛けたりすることが行なわれた。
(2)蛙(かわず)との取合せも「かはづ鳴く甘南備河に影見えて今か咲くらむ山振(やまぶき)の花」〔万葉‐一四三五〕のように「万葉集」からあるが、王朝和歌ではさらに一般化した。山城の歌枕である井手は山吹と蛙の名所として知られ、「かはづ鳴く井手の山吹散りにけり花の盛りにあはましものを」〔古今‐春下〕などと詠まれている。
(3)一重山吹は結実するが、八重山吹は、雄しべが花弁化し、雌しべが退化しているため、結実しない。
(4)②は梔子(くちなし)色なので、「口無し」(物を言わないの意)の縁で詠まれることも多い。「山吹の花色衣ぬしやたれ問へど答へずくちなしにして〈素性〉」〔古今‐雑体〕など。
(5)「和漢朗詠集」を始めとして、日本漢詩の歌題に「款冬」と表記することが多いが、「款冬」は中国ではツワブキの一種で、ヤマブキとは別物。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山吹の関連情報